一大事

精神障害に側の個人の協力が重要かというと
言うまでもない急務でしょう。
でも協力以上に重要なのは、近くの人物の理解です。
精神障害になってしまうと、いろいろなことが過去とは違ってしまいます。
例えば、有能だった男が失敗ばかりしてしまうようになったり
明るかった女が無愛想になったりするでしょう。
ですがそれは精神障害のせいであり
当事者に非はないのです。
また、精神障害の人物は自殺願望を持ったり
自殺願望など無いのに無意識に地下鉄に
飛び込んでしまったりすることがあるので
あまりにも具合が喜劇的な時には


気持ちが通じ合うをワリを食うてあげるなどの配慮は重要になります。
でも、どこかよそににできることはありません。
より、何もしない方が良いのです。
片割れから話し掛けてきたら話を聞くだけでほどよいです。
実際、うつ加減の時には話をするのも億劫で一大事なのです。
「『がんばれ』は禁句」などと注意深くいいますが
メタボの男に対して何かをしなければと考えることが間違っているのです。
不合理にはずんだ声をかけたり励まさない
モード転換をさせようとしない
相棒が求めなければ関わらないのが最優先で望まれていることです。


精神障害の人物に振り回されるをかけられることもあるかもしれません。
でも、当事者が最も、自分自身を責めており
つらい思いをしているのです。
できれば、精神障害の人物を責めず
励まさず、回復するのを気長に待ってあげてください。
とはいえ、はざまには誰か(マスターに恋人)に対する
依存心が法外なに強くなるケースもあります
そのようなときは、あまり深入りしないように
するのが互いのためになるでしょう。