大きな難題

精神障害の種別は、分類手順によっていろいろあります。
うつ病状の病状で分類
あまり大きな難題の無い順調なうつ状態
環境変化や手近な個人の死などで起きるたましい的な
沈うつ状態ですが、内宇宙的な沈うつはあっても
毎日の生活ができないほどではなく、
ある程度の四半期で普通にもどる。

こころ
軽症のうつ病
当事者はこころ的沈うつがあっても、
近所の人物にはうつ症状とは分からない程度。
気持ち変調性うつ病(神経性うつ病)
軽症のうつ状態が2年以上という長く続く「モード」。
大うつ病
うつ病の中で重症に分類されるうつ病。

こころ
躁うつ病
度はずれたにこころ的な
御機嫌に陥る霄∫憾態と落ち込むうつ状態を一定期間的に繰り返すうつ病。
季節性うつ病
日照時刻が短くなる頃合いに発症し、
日照時間が長くなり始めると回復するケースが多い。

こころ
うつ症状の理由で分類
内因性うつ病
うつ病になったきっかけが不明で、
気性やアレルギー体質によって発症するのではと考えられているうつ病。
心因性うつ病(反応性うつ病・抑うつ神経症)
仕事や男の人関係などの性根的ひずみが理由で発症するうつ病でお風呂で頭皮の血行を促すアロマのやさしさシャンプーなど使用してリラックスしてストレスを緩和ケアしましょう。

こころ
肉体因性うつ病
からだ的病や病気の医薬品などが理由で発症するうつ病。
うつ病の形様で分類

こころ
躁うつ病
単極型うつ病
うつ状態だけが周期的に軽量・無気力を繰り返す症状。

こころ
初老期うつ病
40~50代になって初め発症するうつ病で、
加齢による資質の衰えが理由となることが多いうつ病。
仮面うつ病
眩暈や肩こり・疲労感などからだ的低調しか感じず、
当人もドクターもうつ病と気が付きにくいうつ病。