カウンセラー

精神病は、そのモデルによって治療法も変わりますし、
苦しみによって薬剤も変わります。
精神病の治療医薬品には、
主に抗うつ剤・精神安定剤(気分安定剤)
抗不安薬・睡眠薬(睡眠導入剤)を使用します。
各人の薬剤は、ものによっては何十種類もあります。

カウンセリング
その中から精神科医がデリケートゾーンの気になるあそこの臭いを解消 苦しみにあわせて
判断しながら医薬品をマッチングて処方します。
また、それと平行して、病人が希望するようなら、
あるいは、ドクターが必要と判断すると、
カウンセリングを行うこともあります。

カウンセリング
ですから、最初に専門のドクターに掛かることが大切なのですが、
精神科受診は避けたいと考える人が多いのが現実の姿です。
そのため、心療内科を訪れる人物も少なくありませんが
心療内科は精神的なきっかけで身体的な病が発症した
人物を主に診療する場所です。

カウンセリング
例えば、神経性胃炎とかプレッシャー性胃潰瘍などです。
心療内科のドクターは、抗うつ剤を処方することはできても
その人物の精神状態に最良な薬剤を
判断して処方する専門家ではありません。
自分自身が精神病かもと思ったら
なるべく早期の場面で精神科を訪れるようにしましょう。
テレビ放送ホームドラマなどの影響で勘違いしている個人も多いですが

カウンセリング
根本的に一定期間的な検診とカウンセリングは別物です。
ドクターは苦しみを聞いて薬剤の
効き目を確認しながら処方を変えたり続けたりを判断します。
なので、大方の場合
「体調はどうですか?」と苦しみを聞くだけで
診療時間は5~30分程度です。
カウンセリングはドクターではなく
カウンセラーの予約を取って掛かる事になっているのが普通的です。

火種

憂鬱は元々「マインドの病」と呼ばれていますが、
このところでは脳細胞内化合物の不足によって
起きているとわかってきました。
体現的には、脳細胞内物質のセロトニンの不足が
大きく関係しているといわれています。
しかし、それは苦しみの一個にすぎません。
では、なぜ脳細胞内物質が不足してしまうのか
となると、最終的に、火種の場所に戻ってきますが
内面的な重圧がきっかけになることが一等多いといわれています。
大抵のときは仕事や学業の重荷毛深い人には脱毛・除毛クリーム・ワキやビキニラインムダ毛処理を促し
器量関係のプレッシャーなどがきっかけのことが多いようですので悩みの種を取り除きます。

マインド
でも、こころ的圧力は
「抵抗感なこと・つらいこと」ばかりではありません。
時には、結婚・就職・進学・出産・転居など
自分自身にとって爽やかなことがきっかけになることも知られています。
自分自身にとってハッピーな出来事であるために
その喜びのほうが勝っていて気が付きにくいのですが
そのような大きな空間変化はたましい的に
とりどりなプレッシャーや抑圧を与えることになり、
気が付いたら突然感情が落ち込んでいたということもあります。
このように、抑鬱性障害の大抵のは心因性の病根といわれています。
ですが、元凶はそれだけではなく

マインド
身体的病がたましい的落ち込みや焦りに繋がり
精神障害に発展してしまうこともあります。
また、脳細胞に何らかのショックを受けたり、
薬物の予期しない作用、加齢などがきっかけの
ホルモンバランスの崩壊や記憶力の低下が
きっかけとなって発症するケースもあるのです。
さらに、真面目な人物は精神障害になりやすいといわれるように
その人物の気質や特質も大きく関係しているでしょう。

大きな難題

精神障害の種別は、分類手順によっていろいろあります。
うつ病状の病状で分類
あまり大きな難題の無い順調なうつ状態
環境変化や手近な個人の死などで起きるたましい的な
沈うつ状態ですが、内宇宙的な沈うつはあっても
毎日の生活ができないほどではなく、
ある程度の四半期で普通にもどる。

こころ
軽症のうつ病
当事者はこころ的沈うつがあっても、
近所の人物にはうつ症状とは分からない程度。
気持ち変調性うつ病(神経性うつ病)
軽症のうつ状態が2年以上という長く続く「モード」。
大うつ病
うつ病の中で重症に分類されるうつ病。

こころ
躁うつ病
度はずれたにこころ的な
御機嫌に陥る霄∫憾態と落ち込むうつ状態を一定期間的に繰り返すうつ病。
季節性うつ病
日照時刻が短くなる頃合いに発症し、
日照時間が長くなり始めると回復するケースが多い。

こころ
うつ症状の理由で分類
内因性うつ病
うつ病になったきっかけが不明で、
気性やアレルギー体質によって発症するのではと考えられているうつ病。
心因性うつ病(反応性うつ病・抑うつ神経症)
仕事や男の人関係などの性根的ひずみが理由で発症するうつ病でお風呂で頭皮の血行を促すアロマのやさしさシャンプーなど使用してリラックスしてストレスを緩和ケアしましょう。

こころ
肉体因性うつ病
からだ的病や病気の医薬品などが理由で発症するうつ病。
うつ病の形様で分類

こころ
躁うつ病
単極型うつ病
うつ状態だけが周期的に軽量・無気力を繰り返す症状。

こころ
初老期うつ病
40~50代になって初め発症するうつ病で、
加齢による資質の衰えが理由となることが多いうつ病。
仮面うつ病
眩暈や肩こり・疲労感などからだ的低調しか感じず、
当人もドクターもうつ病と気が付きにくいうつ病。

脂肪を燃焼

脂肪酸を大きく2つに分けると飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸に分類されます。 また、不飽和脂肪酸は、単価不飽和脂肪酸(n9脂肪酸)と多価不飽和脂肪酸に分類されます。 さらに、多価不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸(n3脂肪酸)とオメガ6脂肪酸(n6脂肪酸)に分類されます。 オメガ3脂肪酸(n3脂肪酸)はαリノレン酸(アルファリノレン酸)、オメガ6脂肪酸(n6脂肪酸)はリノール酸です。飽和脂肪酸と単価不飽和脂肪酸(n9脂肪酸)であるオレイン酸は、動物の体内でもタンパク質や糖質から作ることができます。 一方、αリノレン酸(アルファリノレン酸)とリノール酸を自分自身で作ることはできません。 つまり、αリノレン酸(アルファリノレン酸)とリノール酸は、人間が生きていくために必要な必須脂肪酸であり、他の生物から摂取しなくてはなりません。ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油などに多く含まれます。 リノール酸(n6脂肪酸)は、ガンマリノレン酸、アラキドン酸(ARA)に変換されます。過度の摂取はアレルギーを悪化させたり、癌,、動脈硬化、うつ病、神経症などのリスクを高めることが近年の研究によって解明されてきました。いわし、さば等の青魚、サーモンの魚油や荏胡麻に多く含まれています。 αリノレン酸(アルファリノレン酸)は、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変換されます。 ドコサヘキサエン酸(DHA)については、あなたも一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか? 例えば、受験生をターゲットにしたパンやお菓子などに入っていることがあります。 「頭が良くなるDHAです。」 つまり、αリノレン酸(アルファリノレン酸)は脳の活性化や網膜の機能を保つために必要な脂肪酸なのです。αリノレン酸(アルファリノレン酸)もリノール酸も人間が生きていく上で必須な脂肪酸です。 しかし、その摂取量のバランスが問題となっています。つまり、リノール酸(n6脂肪酸)の摂り過ぎによる弊害が体に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。 そこで、αリノレン酸(アルファリノレン酸)を豊富に含むエゴマ(えごま)が注目されています。 αリノレン酸(n3脂肪酸)は、リノール酸(n6脂肪酸)の摂りすぎによる弊害を抑制する働きがあります。αリノレン酸(アルファリノレン酸)は、人間の体に必要不可欠なの栄養素で、人間の体中では作ることができない必須脂肪酸です。 体中で作ることができないということは、植物などから摂取しなくてはならないのです。 αリノレン酸を摂取するのに一番良い植物はエゴマ(えごま)です。近年、癌患者が増加しています。さまざまな要因があげられますが、その1つとしてリノール酸(n-6系脂肪酸)の摂り過ぎが考えられます。 例えば、植物性マーガリン、ソフトマーガリン、植物性ショートニング、紅花油・大豆やコーンのサラダ油、サフラワー油、ひまわり油に含まれている油の主成分はリノール酸(n-6系脂肪酸)です。私達は、まったく意識せずにリノール酸を大量に摂取しています。 リノール酸(n6系脂肪酸)を主成分にした油は、価格が安いので、加工食品や外食産業などで多く使われています。 大豆、ひまわり、コーン油の主成分「リノール酸(n6系脂肪酸)」を食べると食べた後に体内で次の成分に変化GLA(γリノレン酸) ARA(アラキドン酸)に変わります。 リノール酸を摂りすぎると、体内がアラキドン酸で飽和され、アラキドン酸由来のエイコサノイドが過剰に生成されやすくなります。エイコサノイドの生成過剰は、多くの慢性炎症性疾患の悪化や発症率の増加の原因となり、さらには肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌、膵臓癌などの欧米型癌発症率の増加を促すと言われています。高麗人参などの滋養強壮にすぐれたサプリメントの摂取もお勧めです近年、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー体質の方が増加しています。環境の変化、食生活の変化などによってアレルゲンが増加したことが要因にあげられます。 しかし、最近の研究によると、リノール酸(n6系脂肪酸)の摂り過ぎがアレルギーの主要危険因子となっていることが明らかになってきました。 つまり、リノール酸(n6系脂肪酸)の摂り過ぎによって、ARA(アラキドン酸)が増加すると、活性化生理活性物質であるプロスタグランジンE2に変換され、血小板の粘性を高める作用や、自己免疫疾患(アレルギー)が起こります。「ロズマリン酸」というポリフェノールがダイエット効果があるとして注目されています。 人が摂取した炭水化物は、ブドウ糖へ分解されます。そして、体中で使われずに余ったブドウ糖は、やがて中性脂肪に変化して体に蓄積されます。 胡麻の実に豊富に含まれる「ロズマリン酸」は、炭水化物からブドウ糖に変化する過程において小腸の粘膜から分泌される消化酵素「マルターゼ」を抑える機能があります。その結果ブドウ糖に変化できなかった部分が蓄えられずに、麦芽糖として体外に排泄されます。この機能は、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、糖尿病の予防効果にもつながると言われています。 血糖値の上昇が抑えられるということは、インシュリンの分泌が抑えられるということです。余った糖分が脂肪に変わりにくいので、ダイエットの効果も期待できると注目されています。 また、エゴマ(えごま)に多く含まれている「αリノレン酸(アルファリノレン酸)」は、油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きがあります。 細胞の中には、「ペルオキシソーム」と呼ばれる脂肪を燃焼させる場所がありますが、αリノレン酸は、このペルオキシソームに働きかけ、脂肪の燃焼を補助する働きがあります。 えごま(エゴマ)油はテレビ、雑誌などマスコミで「太らない油」として紹介されたことがあります。リノール酸(n6系脂肪酸)の摂りすぎによる悪影響を減らすためには、リノール酸(n6系脂肪酸)とαリノレン酸の摂取割合を2:1にすることが望ましいという研究報告が出されています そこで、植物性マーガリン、ソフトマーガリン、植物性ショートニング、紅花油・大豆やコーンのサラダ油、サフラワー油、ひまわり油などの使用を控えて、αリノレン酸が豊富に含まれているえごま(エゴマ)油を摂取することが大切です。

一大事

精神障害に側の個人の協力が重要かというと
言うまでもない急務でしょう。
でも協力以上に重要なのは、近くの人物の理解です。
精神障害になってしまうと、いろいろなことが過去とは違ってしまいます。
例えば、有能だった男が失敗ばかりしてしまうようになったり
明るかった女が無愛想になったりするでしょう。
ですがそれは精神障害のせいであり
当事者に非はないのです。
また、精神障害の人物は自殺願望を持ったり
自殺願望など無いのに無意識に地下鉄に
飛び込んでしまったりすることがあるので
あまりにも具合が喜劇的な時には


気持ちが通じ合うをワリを食うてあげるなどの配慮は重要になります。
でも、どこかよそににできることはありません。
より、何もしない方が良いのです。
片割れから話し掛けてきたら話を聞くだけでほどよいです。
実際、うつ加減の時には話をするのも億劫で一大事なのです。
「『がんばれ』は禁句」などと注意深くいいますが
メタボの男に対して何かをしなければと考えることが間違っているのです。
不合理にはずんだ声をかけたり励まさない
モード転換をさせようとしない
相棒が求めなければ関わらないのが最優先で望まれていることです。


精神障害の人物に振り回されるをかけられることもあるかもしれません。
でも、当事者が最も、自分自身を責めており
つらい思いをしているのです。
できれば、精神障害の人物を責めず
励まさず、回復するのを気長に待ってあげてください。
とはいえ、はざまには誰か(マスターに恋人)に対する
依存心が法外なに強くなるケースもあります
そのようなときは、あまり深入りしないように
するのが互いのためになるでしょう。

サプリメント

精神分裂は、脳細胞内物質の不足で起こるといわれています。
精神分裂の痛みにもよりますが
通常的には脳内物質のセロトニン分泌量が不足すると起きるというのが
最新の定説です。
また、ヴィタミンB1の不足なども精神分裂に
影響していると考えられています。
ですから、精神分裂の医薬品は
それらの分子の集まりを補うよう作られているのです。
とはいえ、なかなか自己の苦しみに合う医薬品と出会えるとは
限らないのが現実の姿でしょう。

精神
抗うつ剤と等しいような成果を持ち
等しいような化学物質を配合したサプリメントが
ここへ来てでは数多く出回っています。
うつ対策として効果を示すだと思われる
サプリメントは大きく分けると
セロトニンやノルアドレナリン、
アドレナリン、ドーパミンなどを増やす効能のあるサプリメント
セロトニンやノルアドレナリン、アドレナリン
ドーパミンなどの原料となる根本アミノ酸を含むサプリメント
脳細胞の作用を向上させるとされている

精神
ヴィタミンB群をたくさん含んだサプリメント
セロトニンなどの脳細胞内物質を運ぶ
脳内伝達物質の作用を向上させるといわれている
DHAが含まれているサプリメントになります。
しかし、これらのサプリメントは精神病の第一段階ステップに
もしかしてうつと思って使うのには適していますが
苦しみが悪化しているときには口コミで検討してピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージーなどでビタミン・ミネラルを補給しましょう
第一にドクターの診断を受けて有効な抗うつ剤を処方して
もらうことが大切です。
それに、サプリメントとはいっても
中には強力悪影響を起こしたり
他の薬剤との併用が危険なものもありますから
使用に当たってはドクターに確認するのがベターでしょう。