火種

憂鬱は元々「マインドの病」と呼ばれていますが、
このところでは脳細胞内化合物の不足によって
起きているとわかってきました。
体現的には、脳細胞内物質のセロトニンの不足が
大きく関係しているといわれています。
しかし、それは苦しみの一個にすぎません。
では、なぜ脳細胞内物質が不足してしまうのか
となると、最終的に、火種の場所に戻ってきますが
内面的な重圧がきっかけになることが一等多いといわれています。
大抵のときは仕事や学業の重荷毛深い人には脱毛・除毛クリーム・ワキやビキニラインムダ毛処理を促し
器量関係のプレッシャーなどがきっかけのことが多いようですので悩みの種を取り除きます。

マインド
でも、こころ的圧力は
「抵抗感なこと・つらいこと」ばかりではありません。
時には、結婚・就職・進学・出産・転居など
自分自身にとって爽やかなことがきっかけになることも知られています。
自分自身にとってハッピーな出来事であるために
その喜びのほうが勝っていて気が付きにくいのですが
そのような大きな空間変化はたましい的に
とりどりなプレッシャーや抑圧を与えることになり、
気が付いたら突然感情が落ち込んでいたということもあります。
このように、抑鬱性障害の大抵のは心因性の病根といわれています。
ですが、元凶はそれだけではなく

マインド
身体的病がたましい的落ち込みや焦りに繋がり
精神障害に発展してしまうこともあります。
また、脳細胞に何らかのショックを受けたり、
薬物の予期しない作用、加齢などがきっかけの
ホルモンバランスの崩壊や記憶力の低下が
きっかけとなって発症するケースもあるのです。
さらに、真面目な人物は精神障害になりやすいといわれるように
その人物の気質や特質も大きく関係しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です