脂肪を燃焼

脂肪酸を大きく2つに分けると飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸に分類されます。 また、不飽和脂肪酸は、単価不飽和脂肪酸(n9脂肪酸)と多価不飽和脂肪酸に分類されます。 さらに、多価不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸(n3脂肪酸)とオメガ6脂肪酸(n6脂肪酸)に分類されます。 オメガ3脂肪酸(n3脂肪酸)はαリノレン酸(アルファリノレン酸)、オメガ6脂肪酸(n6脂肪酸)はリノール酸です。飽和脂肪酸と単価不飽和脂肪酸(n9脂肪酸)であるオレイン酸は、動物の体内でもタンパク質や糖質から作ることができます。 一方、αリノレン酸(アルファリノレン酸)とリノール酸を自分自身で作ることはできません。 つまり、αリノレン酸(アルファリノレン酸)とリノール酸は、人間が生きていくために必要な必須脂肪酸であり、他の生物から摂取しなくてはなりません。ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油などに多く含まれます。 リノール酸(n6脂肪酸)は、ガンマリノレン酸、アラキドン酸(ARA)に変換されます。過度の摂取はアレルギーを悪化させたり、癌,、動脈硬化、うつ病、神経症などのリスクを高めることが近年の研究によって解明されてきました。いわし、さば等の青魚、サーモンの魚油や荏胡麻に多く含まれています。 αリノレン酸(アルファリノレン酸)は、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変換されます。 ドコサヘキサエン酸(DHA)については、あなたも一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか? 例えば、受験生をターゲットにしたパンやお菓子などに入っていることがあります。 「頭が良くなるDHAです。」 つまり、αリノレン酸(アルファリノレン酸)は脳の活性化や網膜の機能を保つために必要な脂肪酸なのです。αリノレン酸(アルファリノレン酸)もリノール酸も人間が生きていく上で必須な脂肪酸です。 しかし、その摂取量のバランスが問題となっています。つまり、リノール酸(n6脂肪酸)の摂り過ぎによる弊害が体に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。 そこで、αリノレン酸(アルファリノレン酸)を豊富に含むエゴマ(えごま)が注目されています。 αリノレン酸(n3脂肪酸)は、リノール酸(n6脂肪酸)の摂りすぎによる弊害を抑制する働きがあります。αリノレン酸(アルファリノレン酸)は、人間の体に必要不可欠なの栄養素で、人間の体中では作ることができない必須脂肪酸です。 体中で作ることができないということは、植物などから摂取しなくてはならないのです。 αリノレン酸を摂取するのに一番良い植物はエゴマ(えごま)です。近年、癌患者が増加しています。さまざまな要因があげられますが、その1つとしてリノール酸(n-6系脂肪酸)の摂り過ぎが考えられます。 例えば、植物性マーガリン、ソフトマーガリン、植物性ショートニング、紅花油・大豆やコーンのサラダ油、サフラワー油、ひまわり油に含まれている油の主成分はリノール酸(n-6系脂肪酸)です。私達は、まったく意識せずにリノール酸を大量に摂取しています。 リノール酸(n6系脂肪酸)を主成分にした油は、価格が安いので、加工食品や外食産業などで多く使われています。 大豆、ひまわり、コーン油の主成分「リノール酸(n6系脂肪酸)」を食べると食べた後に体内で次の成分に変化GLA(γリノレン酸) ARA(アラキドン酸)に変わります。 リノール酸を摂りすぎると、体内がアラキドン酸で飽和され、アラキドン酸由来のエイコサノイドが過剰に生成されやすくなります。エイコサノイドの生成過剰は、多くの慢性炎症性疾患の悪化や発症率の増加の原因となり、さらには肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌、膵臓癌などの欧米型癌発症率の増加を促すと言われています。高麗人参などの滋養強壮にすぐれたサプリメントの摂取もお勧めです近年、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー体質の方が増加しています。環境の変化、食生活の変化などによってアレルゲンが増加したことが要因にあげられます。 しかし、最近の研究によると、リノール酸(n6系脂肪酸)の摂り過ぎがアレルギーの主要危険因子となっていることが明らかになってきました。 つまり、リノール酸(n6系脂肪酸)の摂り過ぎによって、ARA(アラキドン酸)が増加すると、活性化生理活性物質であるプロスタグランジンE2に変換され、血小板の粘性を高める作用や、自己免疫疾患(アレルギー)が起こります。「ロズマリン酸」というポリフェノールがダイエット効果があるとして注目されています。 人が摂取した炭水化物は、ブドウ糖へ分解されます。そして、体中で使われずに余ったブドウ糖は、やがて中性脂肪に変化して体に蓄積されます。 胡麻の実に豊富に含まれる「ロズマリン酸」は、炭水化物からブドウ糖に変化する過程において小腸の粘膜から分泌される消化酵素「マルターゼ」を抑える機能があります。その結果ブドウ糖に変化できなかった部分が蓄えられずに、麦芽糖として体外に排泄されます。この機能は、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、糖尿病の予防効果にもつながると言われています。 血糖値の上昇が抑えられるということは、インシュリンの分泌が抑えられるということです。余った糖分が脂肪に変わりにくいので、ダイエットの効果も期待できると注目されています。 また、エゴマ(えごま)に多く含まれている「αリノレン酸(アルファリノレン酸)」は、油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きがあります。 細胞の中には、「ペルオキシソーム」と呼ばれる脂肪を燃焼させる場所がありますが、αリノレン酸は、このペルオキシソームに働きかけ、脂肪の燃焼を補助する働きがあります。 えごま(エゴマ)油はテレビ、雑誌などマスコミで「太らない油」として紹介されたことがあります。リノール酸(n6系脂肪酸)の摂りすぎによる悪影響を減らすためには、リノール酸(n6系脂肪酸)とαリノレン酸の摂取割合を2:1にすることが望ましいという研究報告が出されています そこで、植物性マーガリン、ソフトマーガリン、植物性ショートニング、紅花油・大豆やコーンのサラダ油、サフラワー油、ひまわり油などの使用を控えて、αリノレン酸が豊富に含まれているえごま(エゴマ)油を摂取することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です